テレホンセックス相手の探し方~テレクラ・ツーショットダイヤル編

はじめに – テレクラ・ツーショットダイヤルの特徴

テレクラ・ツーショットダイヤルの特徴は、 電話で今すぐテレホンセックスができることです。

テレクラは、男性が料金を払って個室で待機し、 電話をかけてきた女性とテレホンセックスができるお店です。 1985年に誕生し、今も変わらず絶大な人気を誇っています。

ツーショットダイヤルは、自宅や携帯電話などから気軽にテレクラと同じサービスが利用できます。 無店舗型テレクラとも言われています。 わざわざお店に足を運ばなくても、自宅などで今すぐテレホンセックスが可能です。

また、録音された女性のメッセージを聞き、その女性へのメッセージを録音したり直接電話をかけたりできる「伝言ダイヤル」も人気です。 テレホンセックス相手を探している女性利用者に向けたメッセージを録音しておき、 それを聞いた女性を募る方法もあります。

電話を通して行うテレホンセックスは、「普通のセックス以上に興奮し、快感を得られる」として、 普通のセックスとは別ものとして広く行われていて、 利用者の好みに応じて様々なやり方が存在しています。

どんな女性がいるの?

電話一つで気軽にできることから、 10代の若い女性からシニア世代の女性まで、様々な年齢の女性が電話しています。

実際に知らない人と会ってセックスするとなると抵抗があるが 他人とセックスしたい女性や、 今パートナーはいないが今すぐセックスしたいという女性が多いのが特徴です。

また、自宅や職場、公共施設など、いつでもどこでも すぐに相手を見つけて直接テレホンセックスができるという手軽さが人気。 年齢を問わず幅広い世代に親しまれている理由です。
最近では繁華街を中心にティッシュ配りや宣伝カーでの宣伝が行われており、 若い女性が急増しているそうです。

ツーショットダイヤルの流れ

STEP1.センターに電話する

まずは番組サイトでセンターの電話番号を調べて、あたなの住まいの近くにあるセンターに電話しましょう。 テレホンセックスは基本的に全国どこからでもできますが、 近くの電話番号にかけることで、その地域の女性と繋がるようになっています。

STEP2.案内を聞く

番組に電話すると、まず番組案内のガイダンスが流れます。 コーナー説明や料金説明を聞きましょう。
また、前払い・後払いどちらで利用するかを決めて、利用方法もきちんとチェックしましょう。
現在のあなたが利用可能な残り時間数も聞くことができます。

初回登録時に、「ラッキーコード」(または、雑誌コード)と呼ばれる番号を入力するだけで、 30分~60分も無料で試せるポイントがもれなくプレゼントされます。 ラッキーコードは各サイトに表示されていますので忘れずに入力してから楽しみましょう。

2回目以降は、「♯」(番組によって異なる)などを押すことでガイダンスをスキップすることができます。

STEP3.コーナーを選ぶ

各番組には、ジャンル別のコーナーがあります。
通常のツーショットコーナーや伝言ダイヤルコーナー以外にも、 SM専門・熟女専門・イメプレ専門など様々。 「出会いコーナー」にかければ出会いを求めている女性に繋がり、 「エッチトークコーナー」にかければテレホンセックス相手を求めている女性に繋がるという仕組みです。

女性も同じ目的で電話してきているので、繋がった後も話が合いやすくなります。

STEP4.女性を待つ

コーナーを選択すると、いよいよ女性からの電話を待つことになります。 待機している男性は、順番に女性からの電話が繋がるようになっています。

混んでいる時間帯はある程度待ち時間が必要ですが、 当サイトで紹介している大手有名テレクラサイトに電話すれば安心。 女性利用者が大勢いるので、いつまでも待たされることがありません。

STEP5.女性と話す

女性と繋がったら、まずは簡単な自己紹介からはじめましょう。
ただし、自己紹介や世間話はほどほどに。 女性も同じ目的で電話してきているので、世間話に時間をかけすぎないのがポイント。 逆に、焦りすぎも×。

女性の声や息遣いに耳を傾け、めくるめくテレホンセックスの世界を心行くまでお楽しみください。

ツーショットダイヤルのNG行為

女性が特に嫌がる行為をまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

いきなり質問責め

いきなり年齢や体型を聞いたり、一方的に質問ばかりするのはNGです。 プライベートな質問には特に敏感ですので、住んでいる場所や仕事内容などを聞く場合も注意しましょう。

汚い言葉使いや上から目線

女性に対して汚い言葉使いや、上から目線的な話し方をするのは絶対にNGです。

強引に誘う

じっくりと時間をかけて丁寧にテレホンセックスをしましょう。 いつまでも世間話ばかりするのも嫌われますが、 強引に誘ってしまうとすぐに女性は冷めてしまいます。
また、いきなり「会おう」もNGです。

連絡先をしつこく聞く

会話を始めてすぐに電話番号やメールアドレスを聞くのはNG。

自分の話ばかりする

女性のことを考えないで、自分の話や自慢話ばかりするのはNG。 女性が電話をかけてきた目的や今の気持ちなど考えて、 相手の話をちゃんと聞いてあげましょう。

料金の話

テレクラの料金

テレクラの料金システムは店舗毎に異なりますが、 基本的には、入店時にフロントで支払います。
利用時間を延長しなければ、それ以上料金がかかることはないので安心です。

但し、途中で一度外出し、利用時間内に再度入店する際に、再入店料が必要になるお店もありますので、 アポがとれて途中で一度外出したい場合はフロントで確認しておきましょう。

料金システム例
●大手テレクラV
オールタイム:60分2,100円(途中外出自由)
●大手テレクラR
夜8時から翌朝9時までのナイトパック:4,000円(途中外出自由)

「マンガ喫茶を利用する」「ちょっと飲みに行く」感覚で、気軽に利用できるのがテレクラの人気の理由です。

ツーショットダイヤルの料金

ツーショットダイヤルの利用料は、大きく分けて前払いと後払いの2つに分類されます。

ツーショットダイヤルを前払いで利用する

あらかじめ、利用したい時間分の料金を支払う方法です。
一番のメリットは、使いすぎる心配がない点です。
事前に支払い手続きをする手間はかかりますが、 通話時間を気にせずに思う存分テレホンセックスを楽しむことが可能です。

料金システム例
●大手ツーショットダイヤルM
60分:5,000円
130分:10,000円

ツーショットダイヤルを後払いで利用する

後払いで利用するメリットは、今すぐ利用できる点です。料金は使った分だけ後日精算すればOK。
また、初回登録時に「ラッキーコード」を入力することで 3,000円~6,000円分の無料お試しポイントがもらえる点も見逃せません。

例えば6,000円分(=60分)の無料お試しポイントがあれば、 一人の女性と10分間会話をしたとして、 なんと6人の女性と無料で電話できてしまうのです。

ラッキーコード(または、雑誌コードなど)は各番組サイト内に記載されていますので、 忘れずに入力するようにしましょう。 登録時に入力を忘れるとお得なお試しポイントがもらえませんのでご注意ください。

また、後払いの注意点としては、当然のことながら、無料お試しポイント分を超過すれば通常通り料金が発生します。
通常料金は、早めにきちんと清算しましょう。

料金システム例
●大手ツーショットダイヤルM
50分:5,000円
110分:10,000円


テレホンセックス機能別一覧

機能-伝言ダイヤル(プロフィール再生)
機能-伝言ダイヤル(逆ナンパ)
機能-テレホンセックス盗聴
機能-イメプレテレエッチ
機能-ビデオチャットエッチ
機能-無料通話アプリ対応
機能-アダルトボイスコーナー
機能-メールエッチ・チャットH

テレホンセックス目的ターゲット別一覧

目的-普通にテレホンセックス
目的-ナンパ・セフレ狙い
目的-テレビ電話エッチ
目的-人妻不倫テレホンセックス
目的-SM・変態テレホンセックス
目的-イメプ電話エッチ
目的-痴女熟女おばさんとテレセ
目的-恋人気分イチャイチャ電話H
目的-オナニーサポート
目的-男同士のゲイ電話H

PAGE TOP