【4人目】テレホンセックスサイトで新宿のOLまみちゃん(28歳)を電話ナンパしてみた

今回のお相手は新宿のOLまみちゃん(28歳)です!

どうも、陳です。

今回は「テレフォンセックス調査隊がイク!~電話ナンパ編~ 」の4人目の記事になります。

さて、今回電話したサイトは、前回に引き続き、同じ有料テレホンセックスサイトです。

前回の子は、会話をしている途中の段階で「この子会えるのかな?」「もしかして会えないパターン?」みたいな、ある種の「違和感」を感じたんですが、今回の子は、そんな違和感を感じることもなく「イケるかも」という感触がありました。

はたして結果はどうなったでしょうか。

実際の会話がこちら

※実際の会話を元にしたフィクションです。あくまでもイメージとしてお楽しみください。

女性「もしもしー。」

陳「もしもし。」

女性「こんばんはー。」

陳「こんばんは。」

女性「はい。」

陳「はじめまして。」

女性「はじめまして。」

陳「今日は…。」

女性「なんとなくかけちゃった…。」

陳「なんとなく?」

女性「はい。」

陳「僕もなんとなくです。」

女性「えへへ。マジですか。」

陳「はい。」

女性「はい。」

陳「なんて呼んだらいいですか?」

女性「あ、まみです。」

陳「まみちゃん。」

まみ「はい。」

陳「僕は陳です。」

まみ「あ、陳さん。」

陳「はい。」

陳「まみちゃん、もしかして酔っ払ってますか?」

まみ「えっと、お酒ちょっと飲んでるけど酔っ払ってないつもり。えへへ。」

陳「声がなんとなく、飲んでるのかなと。」

まみ「えへへ。マジですか(笑)」

陳「そんなに飲んでないんだ。」

まみ「飲んでない飲んでない。えへへ。」

(お酒を飲んでいる、飲んでないは正直どっちでもいいんですが、こういう会話で温めます。)

陳「まみちゃんはどんなお仕事してるんですか。」

まみ「普通にOLなんですけど。」

陳「ほー。」

まみ「はい。」

陳「今日は寝る前に電話しようかなって?」

まみ「なんか、ちょっと…。」

陳「なんとなくだよね。」

まみ「なんとなく(笑)えへへへ。」

陳「なんとなくだよね。僕もなんとなくです。」

まみ「あ、一緒です(笑)」

陳「なんとなく寂しいよね。」

まみ「あ、わかります(笑)えへへ。」

陳「家はどのへんなんですか?」

まみ「えっと、お家は、わかるかな…一応新宿区なんですけど。」

陳「ほー。そうなんだ。」

まみ「○○ってとこがあるんですよ。知らない人が多いかもしれない。」

陳「○○知ってますよー。」

まみ「あ、知ってる?」

まみ「なんか会社の人って、○○って言うとそれってどこにあるのって聞かれる(笑)」

陳「えー知ってる知ってる。」

陳「○○線だよね。」

まみ「そうです。○○線と○○線ですね。」

まみ「自分でも住んでるからわかるけど、住んでなかったらわからないかもしれない。」

陳「確かに。」

まみ「あたしが新宿区なんだよって言うと嘘ーって言われる(笑)」

陳「えー全然新宿だよね。一人暮らし?」

まみ「一人暮らしです。」

陳「へー。」

まみ「そうなんです。」

まみ「どこに住んでるんですか?」

陳「僕は渋谷です。」

まみ「渋谷って渋谷駅?」

まみ「マジでー?」

陳「そうそう。」

まみ「えー渋谷駅の近所じゃないでしょ?ちょっと歩く?」

陳「まあだいぶ歩くけどね(笑)」

陳「渋谷は来る?」

まみ「んー微妙に、行きます。」

陳「微妙に?」

まみ「会社の都合で、行きます。」

陳「お仕事?」

まみ「会社は新宿なんですけど、会社の、なんて言うんだろう、用事が渋谷であって、月に1回位行きます。」

まみ「でも、行く所は決まってるじゃないですか。」

まみ「ちょっと渋谷から歩くんですけど、渋谷駅出て、あの、なんて言うんだっけ、あの、あそこ。」

陳「○○?」

まみ「そう、○○を通って、○○までは行かないんですけど、結構あのへん会社がポツポツあるじゃないですか。あのへんです。」

陳「なるほど。」

陳「僕もよくそのへんにいますよ。」

陳「ランチ行ったり。」

まみ「えー、なんかあるんですか?」

陳「いっぱいあるよ。」

まみ「へー、いつも○○に行っちゃう…。」

陳「じゃあ美味しいランチ行きましょうよー。」

まみ「えー、どこですかー?」

まみ「結構、会社の人と行く時もあるけど、一人で行く時もあるんで、歩きながら、見ながら行くんだけど、何軒か気になるお店はあります。」

陳「そこ気になって、入らないの?」

まみ「あんまり一人で行けるタイプじゃないから…。」

まみ「会社の人だと、渋谷に行ったりして飲もうってなると居酒屋に行っちゃうことが多いから…。」

まみ「なんか気になるのは、ハンバーグ屋さんあるでしょ?」

陳「ハンバーグ?」

まみ「そう。」

陳「渋谷にハンバーグ屋さんいっぱいあるよね(笑)」

まみ「あるあるある確かに(笑)」

(ここまで渋谷のローカルネタが通じるご近所さんなので、もう少し会話をして、「じゃあ今度行こうよ」「美味しいお店連れて行ってあげるよ」的なストレートに誘ってみる戦略にすることにしました。)

陳「お酒は飲むの?」

まみ「えっと、すごい強くはないけど、好きです。」

陳「ふーん。」

陳「今日は家で飲んでる感じ?」

まみ「ちょっと、飲んじゃいました(笑)」

陳「あら。」

まみ「プシュッって。えへへへ(笑)」

陳「ほー。」

陳「なにが好きなの、お酒は。」

まみ「焼酎。」

陳「ほー。」

まみ「ちょっと、好きなんです。割と。」

まみ「いっぱい飲めないけど、一杯なら美味しい。」

陳「ほう。」

陳「だから若干酔っ払ってるんだ。」

まみ「そうかも。若干(笑)」

陳「仕事終わった後に人と飲みに行ったりしないの?」

まみ「そんなしょっちゅうは飲みに行かないけど、1週間に1回位ですよ。」

陳「ほう。」

まみ「そんなに行ったら体力が持たない(笑)」

陳「(笑)」

まみ「あ、でも外食は結構するけど、仲いい女の子と、みんな一人暮らしだから、家に帰っても寂しいじゃないですか。」

まみ「だからご飯食べて話して、帰るみたいな感じはあるけど、居酒屋とかに行ってっていうのは週に1回位。」

陳「えらいね。」

まみ「みんなある程度大人なんで(笑)」

陳「え、まみちゃんいくつ?」

まみ「28です。」

陳「ほー。大人は大人だけど、若いね。」

まみ「仲いい子は20代後半とか30代が多いから、疲れるってみんな言う(笑)」

陳「なんで?」

まみ「え、毎日飲んでると、週末が持たないって(笑)」

陳「そんなに?」

まみ「そうそうそう。みんな違うよね20代前半とって(笑)」

陳「そっか。」

まみ「あと、やっぱりお金とかもあるじゃないですか。」

まみ「飲み放題で、2,980円とか2,000円とかあるじゃないですか。でも食べるでしょ?みんな。だから一人5,000円とか毎日行ってたらきつい(笑)」

陳「だね。」

陳「じゃあ渋谷で、ちょっといいランチしましょうよ。」

まみ「えー、食べたい食べたい。」

陳「行こうよ、近いし。」

まみ「はい(笑)」

陳「電話番号かなにか交換しようよ。」

まみ「あ、はいはいはいはい。」

陳「言ってもいいかな。」

まみ「ちょっと待ってくださいね。はい。お願いします。」

陳「080の…。」

陳「電話くれたら嬉しいです。」

まみ「あ、はい(笑)」

陳「じゃあ、行きましょう。」

まみ「あ、はい(笑)」

陳「なに行きます?なに好き?」

まみ「あ、結構、肉系(笑)甘いのとかも好きだし(笑)」

陳「じゃあ肉系行こうよ。」

まみ「行きたい行きたい。」

陳「肉系の中では、なにが好きなの。」

陳「焼肉とかステーキとかすき焼きか。」

まみ「焼肉好き!(笑)」

まみ「女子だと、パスタとかピザとか、そっち系がいいっていう女子が多いから。」

陳「確かに。」

まみ「えへへへ。」

陳「じゃあいいよ、焼肉行きましょうよ。」

まみ「行きたいです。」

まみ「この前渋谷の、あの○○の近くの、焼肉に。」

陳「ほう。どうだった?」

まみ「なんか、会社の人がそこの焼肉屋さんが安くて美味しいみたいなことを言って行ったんですけど、確かに安いんですけど、すごい美味しいわけじゃなくて、普通に美味しいって感じ(笑)」

陳「へー。」

まみ「でもすっごい混んでて。学生がすっごい多い。安いから。」

陳「確かに。」

陳「えーじゃあもうちょいいい店行こうよ。」

まみ「えー楽しみ(笑)」

陳「まみちゃんが時間つくってくれたらね。」

まみ「うんうんうん、時間つくる。えへへへ。」

陳「じゃあ、電話ください。」

まみ「わかったー。」

陳「今日でもいいし。」

まみ「えへへへ。」

まみ「週末とかでもいいんですか?」

陳「いいよ。」

まみ「はい。」

まみ「宜しくお願いします。」

陳「はーい。じゃあまたね。」

今回の統括

いかがでしたか?

最後の方で、まみちゃんが何度も「えー楽しみ(笑)」「うんうんうん、時間つくる。えへへへ。」「週末とかでもいいんですか?」と乗り気満々に感じたので、陳は勝利を確信しました。

しかし…。

結論を言えば、その後電話がかかってくることはありませんでした…。

なんなんでしょうか、この流れ。

テレセサイトってこれがパターンなんでしょうか。

駅前のテレクラならもっとばんばんアポ取れるのに、なんだか腑に落ちません。

普通に会話だけ見れば、これで会えないはずはないと思うんですが、陳は納得いきませんでしたね。

あるいは、まみちゃんはプロのサクラなのか?

サクラかもしれませんし、初心なだけかもしれません。

陳は初心な方に賭けて、「口だけタイプ」と命名しておきましょう。

どちらにしても考えても結論は出ないので、作戦を変更して続けたいと思います。

ずばり、次の作戦は、「自分の連絡先を教えて待つのではなく、相手の連絡先をゲットする」です。

ここまで、2人の女性に連絡先を教えて、そのまま消滅するというパターンが続いたので、次回は上記のパターンを試してみたいと思います。

既にC-CHECKの5,000円分を2回チャージしてるので、このまま引き下がるわけにはいきません。

最終的に、リアルで素人女性をゲットするまで、この挑戦は続きます。

なんだか、長期戦になりそうな予感がしてまいりましたが、時間をお楽しみに!


テレホンセックス機能別一覧

機能-伝言ダイヤル(プロフィール再生)
機能-伝言ダイヤル(逆ナンパ)
機能-テレホンセックス盗聴
機能-イメプレテレエッチ
機能-ビデオチャットエッチ
機能-無料通話アプリ対応
機能-アダルトボイスコーナー
機能-メールエッチ・チャットH

テレホンセックス目的ターゲット別一覧

目的-普通にテレホンセックス
目的-ナンパ・セフレ狙い
目的-テレビ電話エッチ
目的-人妻不倫テレホンセックス
目的-SM・変態テレホンセックス
目的-イメプ電話エッチ
目的-痴女熟女おばさんとテレセ
目的-恋人気分イチャイチャ電話H
目的-オナニーサポート
目的-男同士のゲイ電話H

テレホンセックス決済方法別一覧

決済-Apple ID決済
決済-Google Play決済
決済-VISA
決済-Mastercard
決済-JCB
決済-Diners
決済-American Express
決済-銀行振込
決済-ゆうちょ決済
決済-楽天Edy
決済-C-CHECK
決済-BitCash
決済-ペイジー
決済-セキュリティマネー
決済-G-MONEY
決済-コンビニダイレクト

PAGE TOP